第十二章  ゆきはどこだ? Where is Yuki?

Yuki’s absence gets noticed.

Yuki’s Story

 

第十二章

ゆきはどこだ?

Download PDF and MP3

Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]


次の朝、女将が起きると、ゆきが見当たりません。「あの子は一体どこだろう?」と思いました。「まだお城にいるかな?」

それから女将は城に急いで行きました。城に着いてから「温泉の女将です。昨晩、うちの茶道家は若殿に振舞うためにこちらに参りましたけど、温泉に帰ってきませんでした。まだ城におりますか」と守衛に聞きました。

「ここで待つように」と守衛は言いました。

間もなく家老が門に来ました。「昨夜、茶道家は温泉へ帰ったはずじゃ。そちらに着いていませんか」と聞きました。

「まだ戻っておりません」と女将は答えました。

「知らせに感謝致す。調べさせて茶道家を見つけよう。心配には及ばん」と家老は言いました。

それから女将は温泉へ帰り、家老は若殿に報告しました。守衛らはゆきの捜索を始めるように命じられました。

間もなく家老は若殿にまた報告しました。「若殿さま、道の途中でこの切れた毛の腕飾りと絹の切れ端を見つけました。争った形跡がありました」

「そうか。その場所に案内しなさい。守衛と猟犬を連れていってくれ」と若殿は言いました。

そして、若殿たちは城を後にしました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten



If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich’s work?

(This donation goes directly to Rich!)

Is this site helping your Japanese? Do you have a spare $1 to help Clay pay the bills?




View Some TJS Supporters!


DarwinGenome Guides – helpful academic writing tips for students
Expert assistance with languages homework help for every student at ezassignmenthelp
123Writings.com writes admission essays since 2013

Get Clay’s Kanji 100 eBook For FREE

Claim Your Two Tocks Before Midnight eBook for FREE

Facebook your comment here! 😀